結婚指輪の仕上げについて

差が付く結婚指輪探し

結婚指輪の装飾技法のひとつにミルグレインというものがあり、デザイン的にも、その意味でも縁起がよいということを知りました。
結婚指輪の仕上げについて

結婚指輪の装飾技法のひとつにミルグレインというものがあり、デザンイ的にも、意味合い的にも縁起がよいということを知りました。

とても興味深いですね。

結婚指輪は、いつも身につけているものなので、シンプルなデザインが多いですが、そんなシンプルなデザインの中にも、いろいろな願いが込められているのだと改めて思いました。

セミオーダーの結婚指輪について、ダイヤモンドを配置するという場合があります。

たとえば、センターに少し大きめのダイヤモンドを配置する場合や、小粒のダイヤモンドを複数個、指輪いっぱいにダイヤモンドを埋め込むというデザインもあります。

最後に仕上げですが、この仕上げも指輪の表情や印象を変えるものになります。

仕上げの中にはミラー仕上げ、ヘアーライン仕上げ、ヴィンテージ仕上げ、サティーン仕上げ、スターリーなどがあります。

ミラー仕上げは、表面を鏡のように磨きあげることで、結婚指輪などのブライダルリングでは、一番人気があり、またポピュラーな仕上げ方法だそうです。

ヘアーライン仕上げは、マットな感じになり少し渋い印象になります。

ヴィンテージ仕上げは職人が丹精に槌で打ち据えて作るもので、その模様はまさにオリジナルの模様になります。

同じ模様が世界にふたつとないことから、希少価値がありますね。

とても個性的で、おしゃれな質感になります。

セミオーダーでも、これだけの選択をしていくと、ほとんど同じものがない、まさに世界にひとつだけの結婚指輪になるのではないかと思います。