ミルグレインについて

差が付く結婚指輪探し

結婚指輪に多く取り入れられているミルグレインという装飾技法
ミルグレインについて

結婚指輪のセミオーダーについて興味を持ち、ネットでいろいろ調べています。

フルオーダーの場合、どんなデザインにするのか、またもうすでにイメージが決まっている場合、イメージをデザインしたり、それを実際に作ったりなどの時間がかかるため、挙式から逆算してオーダーすることが必要になってきます。

セミオーダーは、スタイルやパーツなどを選んで選択していく方法なので、同じオーダーメイドでも、フルオーダーに比べると、あまり時間がかからないのでいいですね。

ある結婚指輪を扱っているサイトでは、画像つきでセミオーダーの指輪の流れが説明されていました。

画像が乗っているだけで、色や質感を確認でき、とても参考になりますね。

まず最初に結婚指輪の素材を選び、次にスタイルを決めます。

それが決まったら次にリングの幅を決めていきます。

リングの幅は、同じデザインでも女性よりも男性の指輪の幅を少し広く作ったりするようですね。

次に装飾やダイヤモンドの配置、仕上げを行っていきます。

装飾は、たとえばエッジに小さな玉を連続して打刻していくミルグレインという装飾技法などがあります。

このミルグレインの装飾は、千の粒という意味があり、子宝・永遠・長寿などを連想することから、縁起が良いとされ、結婚指輪などのブライダルリングにも多く取り入れられているのだそうです。

ミルグレインにより、アンティークジュエリーのような、ゴージャスな感じの中に落ち着いた雰囲気があります。